beeswax wrap  ミツロウラップ

脱プラライフの第一歩に! ミツロウのエコなラップ

コットン100%の生地にミツロウを染み込ませたラップです。マヌカハニーで有名なニュージーランドやオーストラリアではポピュラーなエコアイテムで、1年ほどは繰り返して使えます。手の温度で食器に容易に密着させることができ、サンドイッチやおにぎりを包むのにも最適です。ミツロウは食用に使われることもあり、殺菌作用も若干あるため直接食品を包んでも安心できます。私たちは国産の純度100%の十勝養蜂園(上士幌町)のミツロウを使用しています。

 

 

ミツロウラップの普及にあたって

私には2人の親友がいて、共にニュージーランドに住んでいます。昨年も彼女たちを訪ねて1ヶ月ほど滞在しました。手つかずの雄大な大自然が広がるニュージーランドでは、環境問題に取り組む姿勢が数多く見られます。プラスティックバッグを使用する店鋪はすでに存在しておらず、友人の家ではミツロウラップを当たり前のように使っています。親友の4歳の娘が通うプレスクールでもミツロウラップのワークショップをするほど生活に溶け込んでいて、学校でも環境問題を意識した教育をしているようです。

 

私は自分が住む十勝の大自然をこよなく愛しています。長年のプラごみ排出により、もしも周りの川や湖、海の魚、森に住む動物たちがプラスティックを食べて苦しんでいたり、土壌が汚染されて植物に悪影響が出ているとしたら、これ以上その現状に加担するのは避けたいです。できれば解決策を見つけ出し、少しずつでも実行していかなくてはとも思います。人間が作り出したこの問題は自らで解決するのが当然であり、私たちにしか解決ができないということも実は痛感しています。そこで脱プラライフの第一歩として、ミツロウラップの普及を実行しようと考えました。

2018年に中国が日本のプラごみを引き受けなくなった以上、今後は膨大な量のプラごみ処理で苦労することは明確でしょう。私は子供を持っていませんが、子供や孫を持つ方々にはこのプラごみ問題をもっと身近に感じていただき、自分の子供の将来を見据えて、できるところから少しずつ脱プラ生活に取り組んで欲しいと願います。

 

ミツロウラップは通常のラップに比べると不便な点もあり、最初は使いづらいかもしれません。でもちょっと考えてみてください。数十年前は今より遥かに不便な生活で、先代たちは経木(木の皮)や竹の皮に食品を包んだり、缶で海苔などの乾物を保存して生活をしていました。もしもその時代にこのミツロウラップが登場していたら、かなり画期的なアイテムだったでしょう。今の時代では便利なラップなどに比べると不便かもしれませんが「ゴミを出さない」という点では、別の意味で優れたアイテムといえるのではないでしょうか。

日本が誇る「もったいない精神」を今一度見直し、ゴミを生み出す「便利な生活」を卒業し、ゴミを作らない「使い回す生活」にシフトしていきませんか。

 

私たちは今後、ミツロウラップを普及するためにワークショップを積極的に開催し、脱プラライフを推進します。

 

 


I wonder what is happening in here?「ここで何が起きているのでしょうか?」
 ニュージーランドのプレスクールに置かれている水槽。幼少期から環境問題を意識させるニュージーランドの教育を、日本も見習う時期に来ているのではないだろうか。

使用法

●食器にかぶせて皿のふちを手で押さえながら包み、手の温度でミツロウラップを密着させます。使いかけの野菜などは包んで保存でき、またサンドイッチやおにぎりなどは包んで紐で結ぶかクリップなどで止めて持ち運びください

●使用後は水洗いか、洗剤で洗い、水気を切って乾かしてください

●粘度が下がってきたら、クッキングシートで挟んでアイロンをかけてください。それでも粘度が弱い場合は、ミツロウをふりかけてクッキングシートに挟みアイロンをかけてください

使用上の注意

●お湯では洗わないでください

●レンジの使用は不可です

●50度以上の食品には使用しないでください


ミツロウラップに関するご質問やワークショップの申し込みなどは、ページの右上メニュー「MAIL」よりご連絡ください


企画・制作・販売/プロジェクト空-Coo